株式会社エール・オーは、広く社会に事前の地震予兆情報を伝達し、災害時の減災に貢献するために、一般社団法人地震予兆研究センター【EPRC】(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が解析する「地震予兆解析レポート」の販売代理店として活動を行っております。

一般社団法人 地震予兆研究センターでは、地震発生前に起きる「地殻変動・地下水位変化・地震発生情報」等、様々な観測データの研究・統合活用を推進することで精度を高め、 「地震予知」ではなく事実としての「地震予兆情報」を毎週月曜日に解析結果をレポートとしてまとめ、株式会社エール・オーが代理店の一つとして契約企業・契約自治体に配信しております。

地殻変動データの解析と地震予兆

1.プレートで構成されている地球

地球は大きく分けて15枚程度のプレートで構成されていると言われていますが、日本列島は4つのプレートの境目にあり複雑な動きをしているため、さまざまなひずみが発生する特異なエリアであります。 この複雑な地殻変動が地震発生の主要因の一つとなっています。

日本周辺プレート 世界のプレート


2.電子基準点と地殻変動データの解析

電子基準点:NASAが1996年~世界400点に設置、その後各国が独自に設置を開始し日本では国土地理院が約1300地点以上設置。
一般社団法人地震予兆研究センターでは、過去約20年分の電子基準点データを収集し、地殻変動の解析を進める中で、「同じエリアでは、地殻構造は類似しているので、過去と同じ地殻変動地が連続した場合で、過去に地震が起きていた場合には、同規模の地震が発生するのではないか」という仮説に至りました。
その後、約20年間の「地殻変動値・M4以上の地震」をデータベース化し検証。
この3次元データを元にした実行変動値の算出を行うプログラムを、一般社団法人地震予兆研究センターは、2015年2月28日に国際特許公開し、国内特許申請中です。

地殻変動データの解析1 地殻変動データの解析2 地殻変動データの解析3


解析事例① 宮城県女川地震

宮城県女川地震1 宮城県女川地震2 宮城県女川地震3


解析事例② 2011年3月11日東日本大震災(M9.0)の地殻変動

大地震発生前には1ヶ月~数ヶ月の間で地殻変動が大きく変化することがよくあります。東日本大震災の際の一週間毎の地殻変動の動きは以下の通り、変動方向の逆進が見られています。

2011年1月16日東北地方の地殻変動
2011年1月16日東北地方の地殻変動
2011年3月7日東北地方の地殻変動
2011年3月7日東北地方の地殻変動
2011年3月11日東北地方の地殻変動
2011年3月11日東北地方の地殻変動
地震予兆解析レポート
毎週火曜日までに、一般社団法人 地震予兆研究センターが先週のGPS/GLONASS/準天頂衛星による地殻変動・地震活動を解析し、地震の規模を示すマグニチュードと発生震度の予兆を捕捉しレポートにおいて、次週1週間に「どこで・どのくらいの地震が発生するか」を発表しております。このレポートは、大震災前の心構えや計画準備にお使い頂けます。
◇レポート配信:毎週1回(月曜日若しくは火曜日)
◇レポート構成:今週のトピック、先週予兆レビュー、各地方の地殻変動状況と地震予兆、直近1週間の発生地震、直近4週間の地殻変動データetc.

3年間の捕捉率:2013年2月1日~2016年1月31日

マグニチュード発生回数捕捉回数不捕捉/表記なし捕捉率
M6~3831782%
M5~5.91921484477%
M4~4.955837818068%
Total78855723171%

地震予兆解析レポート1 地震予兆解析レポート2

地震予兆解析レポート活用事例

以下の事例を始め累計200社・団体以上の方々にご活用頂いております。

  • 不動産管理会社・・・想定されるリスク再確認、備蓄備品の再確認。
    危険箇所の事前点検。
  • 倉庫会社・・・高所設置物の撤去、在庫確認検証、
    電気・通信不通の場合の対策協議。
  • 高速道路・・・期間中の道路標示版等の高所作業の延期。
    発生後の道路点検の迅速化検討。車両対比計画の見直し。
  • 食品工業・・・工場掲示板に毎週レポートを掲載し
    社員一人一人の意識啓発を図る。
  • 交通機関・・・事前に運行を止めることは出来ない為、
    発生後の対応策を検討し減災対策に努める。
30年以内に巨大地震が発生する確率

株式会社エール・オー